>

探偵になりたい人のための情報を届けます

探偵の労働条件

探偵の給料事情

興信所や探偵社に調査を依頼すると、決して安くはない費用が必要となります。
その為、探偵も高収入のイメージが強いと思います。
しかし、探偵社自体が大手のものから小規模のものまであって、それによっても違いますし、多くの場合は飛びぬけて高収入と言うわけではありません。
平均して年収で300万円から500万円前後ぐらいが妥当です。

では、なぜ調査料金が高いのかというと、まずは調査にはたくさんの機材が必要で、その機材を使って特殊な調査を行うため、経費がかさみます。
また、大抵の場合は探偵一人で調査を行うわけではなく、複数の人員を使って的確な調査を行いますので、それに応じた人件費も必要となるのです。

よって、拘束時間や仕事内容を考えると割の良い仕事とは言えないようです。

お休みはある?

探偵のお休みは、普通のサラリーマンや公務員などと同じと言う訳にはいかないことがほとんどです。
基本的には、担当している調査を中心として休暇もとりますので、調査の内容によってはとても不規則な休暇となってしまいます。

例えば、浮気調査の場合ですと、調査対象者が一般的なサラリーマンや公務員だったりすることが多いです。
その為、行動をおこすのが週末だったりしますので、週末は対象者の行動を追わなければいけません。
平日も会社帰りに絶好のチャンスがめぐってくる可能性も高いので目が離せません。
つまり、決定的な証拠を掴むまでは長期間目を離すことはできないので、その分探偵も休むことはなかなかできないのです。

もちろん、探偵社によってはきちんとした休暇のローテーションが組まれていたりすることもありますので、就職前にしっかりと確認してください。


この記事をシェアする