>

探偵になりたい人のための情報を届けます

どんな調査をするの?

調査方法とは?

探偵のお仕事の内容はどのようなものが多いのでしょうか。
主に依頼者から依頼された何かしらの調査だとは思いますが、その調査を行うためにはどんな作業をしなくてはいけないのかを見てみましょう。

探偵というと、尾行のイメージが強いかと思います。
尾行は調査対象者の後をばれないようにこっそりと付いていき、行動パターンなどを探る調査です。
臨機応変な対応が求められるため、とても大変な業務となります。

次に張り込みと聞き込みです。
張り込みは対象者が建物に入った際に、出てくるまで見張ることで、長期戦になってしまう場合もありますので忍耐力が必要となります。
聞き込みは、怪しまれないために直接的に聞くのではなく、遠回りして聞き出さなければいけないこともあり、コミュニケーション能力も必要です。

必要なスキルとテクニック

探偵に絶対に必要な資格は存在しませんが、存在しないが故にそれぞれ持ち合わせているスキルやテクニックは違います。
所属している探偵社や興信所が得意としている調査によっても変わってくるので、一概に言う事はできませんが、一般的に探偵が持ち合わせていると良いとされるスキルやテクニックをご紹介します。

探偵にとって一番大切である、調査に関係したスキルが求められます。
例えば、尾行能力、運転技術、撮影技術などです。
尾行のノウハウは探偵ごとや探偵社ごとにあり、徐々に取得していきます。

また、調査には対応能力やコミュニケーション能力も必須であり、万が一のトラブルや聞き込み調査などで発揮されるものです。
特に対応力は重要で、基本的に調査は対象者にばれてはいけないものですので、対応力の有無が良い探偵かどうかの判断基準となります。


この記事をシェアする